琥珀の分子のアクセサリーを作ってみた

最初はピアスを製作。かわいい(自画自賛)。

琥珀に含まれる植物由来の成分の分子構造を、コンパクトな樹脂チャームに仕立ててアクセサリーにしてみました。琥珀の成分ということで、琥珀色のビーズとあわせてあります。本物の琥珀とのコンビネーションも作ってみたいところですが、それはいずれ素材が手に入ったらということで。

分子の部分は、3Dプリント(アクリル・黒染色)で、出力はこれまでにもピペットホルダーや3Dプリント篠笛「雪風」ですっかりお世話になっているDMM3Dプリントに依頼しました。

分子7種を製作。ベンゼンとジベンジルは琥珀独自の成分ではありませんが、琥珀ビーズをつけて使います。

ピアスは使えないけど欲しい、という声があり製作したイヤリング版。

両耳にビーズをつけたロング版。

 

できあがった作品は iichi に出品しています。

[iichi ショップページはこちら] DeCOYA by shimakid –  http://www.iichi.com/shop/shimakid


Post Your Thoughts