13インチ MacBook Pro の Retinaディスプレイは横2560縦1600ピクセルで既に生産中

NewImage

 

CNET が伝えるところによると,アップルは 13.3インチ MacBook Pro をまもなくリリースするため既に生産に入っている模様。(NPD Display Search のアナリスト Richard Shim 氏)
13.3インチ Retina ディスプレイ は サムスン, LGディスプレイ, シャープが 生産するようで,生産量も “15インチが数十万ユニットに対して13インチが1〜2百万ユニット” と言われています。

ディスプレイの解像度はこれまでの 13インチモデルから丁度倍増した 2560×1600。15インチモデルより安価でコンパクトになると予想されており,MacBook Air シリーズと並んでよく売れる製品になりそうですね。15インチMBPRの発表からずっとコイツを待っていた!という人も多いのではないでしょうか。

上の画像は 9to5Mac が作成した 13.3 インチ MBP Retinaディスプレイモデル のイメージ。15インチの Retinaディスプレイモデル を見慣れた後に見るといよいよずんぐりしてみえる13インチMBPですが,かなりスッキリ,重さも1.6kgほどになるという予想もありましたし,持ち運びもしやすそうです。

13.3インチ Retina ディスプレイは第3四半期に生産が開始され,秋には製品が出荷されると予想されています。もうじきでしょうか。新しいiPhone,iPad mini, そして Retina MacBook Pro のラインナップ拡充,と秋も楽しみなリリースが山盛りですね。iMac や Mac mini, Mac Pro はどうなるかな?

[CNET via 9to5Mac]


Post Your Thoughts