次期iPhone の Dock コネクターの写真から MagSafe 採用の予感?


9月発売予定と目される次期iPhone,これまでの機種との大きな変更点の1つとして,コンパクトになったDockコネクターが採用されるというのが流出部品などから盛んに噂されています。

NowhereElse が掲載した写真では背面パーツの内側にリング状の金属部品が取り付けられています。新型Dockにまつわる噂の1つに,MacBook で採用されているように磁気で吸着するタイプの端子「MagSafe」的な機構が搭載されるというのがあり,磁石がくっつかないフレーム素材とは別に端内側に金属部品が取り付けられているのがMagSafe採用を思わせる,という風に噂が加速している模様。

Dockアクセサリの中にはしっかり固定されないと困るものも多々有ることから,マグネットのみの固定になるという点は疑問視しています。ただし,どちら向きにさしこんでも使えるユニバーサル仕様になるという噂もありますし,そちらにはかなり期待しています。ユニバーサル仕様はMagSafe採用にあたっては欠かせない要素でしょうから,はたしてどうなりますやら。MagSafe採用で,がっちり固定したい向きにはちゃんとツメつきのアダプタもハマるような内部構造になっていればいいですね。

[NowhereElse via iDownload Blog]

Post Your Thoughts