スターバックスのFree Wi-Fiサービスを使ってみた

at_STARBUCKS_Wi2 のウェブサイト。ここで申し込みする。 (スクリーンショット)

スターバックスでネットができる at_STARBUCKS_Wi2 は先月の6月28日に始まったばかりの無線LANサービス。東京都内店舗から開始しており,年内に全国850店舗(955店舗中)へ展開していくようです。まだ東京でしか使えないのかーと思っていましたが,たまたま東京に出てきていたのでその使い心地をチェックしてみました。

 

お店へGo!

東京に着いて向かったのは新宿ルミネ1の5Fにあるスターバックス ルミネ新宿店。スターバックスの店舗検索では席数82席で無線LANありと書かれていました。

実はスターバックスに入るのはまだ片手で数えられるほどしかない私,注文時に少しおどおどしてしまいます。「ランプの下でお待ち下さい」と言われてランプ!?キョロキョロ!ってなる程度。もひとつ余談ですが,スターバックスというと,ネタとして時折見かける「呪文のようなオプションマシマシのオーダー」だったり,「MacBook Air ひらいて ノマドワーカー」的なステレオタイプを半分真に受けつつきていたのですが,クールなオーダーはともかく客層のほうはそれっぽいなーという印象。これまであまりそういう目線で見ていませんでしたが,たしかにMac を開いて仕事のメールを送っているらしきサラリーマン,iPadをスクロールしているお姉さん…それ以外の人もたいてい iPhone かほかのスマホを眺めています。あとは勉強する学生とか。確かにMac率は高めかもしれません。アップル製品大好きな私ですが,ふだんなら「そんなステレオタイプの罠には嵌るまい!」とあまのじゃくになるところ…。今回はWi-Fiを試してブログ記事を書こうと思っていたのでぐっとこらえて,鞄からよいしょと MacBook Pro Retina ディスプレイモデルを取り出します。デカイのでなんだかハズカシイ!

さて,マンゴーフラペチーノ的なドリンクをいただいて落ち着きつつ,アクセスしてみましょう。

事前登録が必要

at_STARCUKS_Wi2 というSSIDのアクセスポイントを発見。早速繋いでみました。ログインページにどーんと繋がってログイン名とパスワードの入力を求められますが,今回が初めてな上に思いつきでやってきたのでまだユーザー登録していません。なんだか二度手間ですが普段使いのiPhoneのテザリングで検索して at_STARBUCKS_Wi2 の HOW TO USEページ で登録方法を確認,このページから登録できます。メールアドレスとパスワードを入力して利用規約を確認して同意の上登録すると仮登録され,「仮会員登録完了のお知らせ」というタイトルの確認メールが送られてきます。メール本文のリンクをクリックすることで登録完了。これでお店のアクセスポイントにログインできます。

メールアドレスとパスワードを登録すればOK

使い心地

接続されたのでだいたいのページがするすると読み込まれるのを確認。折角なので通信速度計測システム Radish Network Speed Testing の東京サーバーで回線速度を測定してみました。


下り 4.432Mbps, 上り 1.212Mbps でており,高速と驚くほどではありませんがメールやウェブ閲覧には十分な速度が確保できています。測定品質というのは通信の安定性(測定中に速度がどれくらい安定していたか)を示しています。この結果は店内の混雑状況や場所など様々な要素で変化する可能性があり,あくまで参考としてごらんください。

 

この記事自体も,スターバックス新宿ルミネ店の電源のある席で無線LANサービスを利用しながらWordPress で書いてみました。WordPressの編集ページの表示や,スクリーンショットのアップロードなどもスムーズにストレスなく行えたことを報告します。

一度登録してしまえば全国のスターバックスでWi-Fiが使えるようになるというのは魅力的ですね。年末までには札幌のお店でも使えるようになることでしょうし,スタバファンなら登録して置いて損はないでしょう。


Post Your Thoughts